安全に配慮したインプラント施行

普段から血圧が高めの人、病院で降圧剤を処方されて服用している人、健康診断で血圧が高めと診断された人などでもインプラント手術は可能です。一般的に高血圧症は上が140mmHg以上、下が90mmHg以上と定義されています。高血圧の方になんの準備もせずに施行すると、緊張や不安のために血圧が上昇したり、上が190mmHgを超えると気分の不快、動悸などをおこす場合もあります。また局所麻酔に使用する薬にもわずかながら血圧を上げる作用もあります。高血圧の人のインプラント手術は万全の準備をして安全に配慮すれば可能です。まず術中時に定期的に血圧を測定しながら施行します。血圧や心電計で状態をチェックしながら行います。場合によっては術中の緊張や不安を解消するために点滴麻酔を投与して行います。鎮静作用があり気分を和らげる効果があり、血圧の上昇を抑えます。また重度の高血圧の人の場合は、必要に応じて患者さまが通院している内科の主治医と連絡を取り、情報を共有して実施します。術前、術中の内服薬の有無、用意や投与する薬の種類や注意事項、病状などの情報を共有して行います。高血圧だからといって、インプラント手術をあきらめる必要はありません。十分対応可能です。

↑PAGE TOP