• トップ /
  • 高血圧でも安全なインプラント

インプラントの失敗と安全とは

高血圧でも安全なインプラント

万全の準備でのインプラント

通常、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上あると高血圧症と定義されています。この症状のある方はインプラント治療時に緊張や不安などから血圧が上昇したり、気分の不快、動悸などの異常を起こす場合があります。しかしこのような方でも万全の準備を行えば安全に行うことが可能です。インプラント治療は、歯茎に穴を開け、人工の歯を埋め込む外科的な治療です。普段から血圧が高い人や病院で降圧剤を処方されて治療をしている人の場合は、手術中に定期的に血圧を計測しながら行います。そして異常に対応できるように鎮静剤なども用意して行います。術中に気分の不快や不安感が増した時には、静脈内に点滴で鎮静剤を投与します。これにより気分が落ち着き、緊張や不安が抑制され、血圧の上昇を抑えます。場合によっては心電図モニターを装着して、心臓の動きをチェックしながら実施します。もしもの時には、すぐに対処ができるよう安全面に配慮した準備を行い施行します。場合によっては、患者さんが高血圧で通院している主治医と相談して行います。病気の症状、薬の種類、もしもの時に準備しておく薬、他の病気の有無などを聞いて行います。高血圧の方でも、十分安全に配慮してインプラント治療を行うので安心です。

インプラントの基礎情報

↑PAGE TOP